[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない BRAHMAN TOUR “AUTONOMY”@ZEPP TOKYOの巻

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 BRAHMAN TOUR “AUTONOMY”@ZEPP TOKYOの巻
ただいま。
さあちょこっとだけ書かせていただきますよ。

brahmantick.jpg


BRAHMAN TOUR

“AUTONOMY”


2008.03.10

@ZEPP TOKYO

w/ MY WAY MY LOVE


ANTINOMYだかAUTONOMYだか知らないけれど
行って来ました。
ブラフツアー初日。

仕事を早めに切り上げ、首都高速をギリギリに攻めながらお台場に着いたのは17時前。
久々のお台場の浮いた雰囲気を味わうこともなく、向かうはZEPP TOKYO。

開場1時間前にも関わらず100人以上の人が見えない何かを待ち構えている感じ。
そうそこは腹を空かしたライオンの檻の中のよう。
誰もが「オレは何も待ってないよ~」的な空気をかもし出しながらも横目ではチラチラ会場のドア付近をチェックしている。

そうですよ、ライブ前の物販をみんなは待っているわけですよ。
遅い整理番号の人は特にですよ。
約2500人のキャパがあるライブハウスですからね。
さすがに遅い番号だと、会場後に中で買うのは困難でしょう。

常連組みや暇を持て余している人たちは常に開場1時間前は絶対です。

みんな出来るだけ柵にがぶりつくような格好悪いことはしたくない、けどグッズは欲しい。
このジレンマに悩まされていましたね。
無理してすかしている人を結構な人数確認しましたよ。
オレはもう柵の数メートルのところでスタンバッていました。

そして、17時過ぎに係員のお兄さんがハンドスピーカーでアナウンスをしたとたん。

「うぉぉぉぉぉ」


鹿せんべいに群がる鹿のように人が集まってくる。
しかも、さっきまでの余裕の表情はみんなの顔には皆無。

数秒にして長蛇の列が完成。

さぁ果たしてオレはこの列に並んでTシャツを手にしたのでしょうか??

結果はこの記事の前後を良くチェックしてください。


時間を持て余したオレは1人。
ビーナスフォートへ。

1階の一番奥のビレッジバンガードへ行くのかと見せかけて、更にその奥のペットショップへ。
仔犬や仔猫を見て癒される。
後で嫌というほどむさ苦しい所へ行くのだから、このくらいの事はしておかないと。
ブルドックが45万オーバーしていることに驚きを隠せず。。。1人ZEPPへ

すでに19時前ということで会場の中は「男子校の臭い」が若干ちらほらと。

ここでZEPPのロビーの狭さにやられながらも、周りを見渡すと結構色んな客層になったなぁと思うわけですよ。
2000年前後の頃は見に来る人、夏冬関係なくTシャツ着用が義務付けられていたっぽい感じあるじゃないですか?
でも、最近みんなシャレね。
ってか煌びやか

そのままデパートに行っても違和感ない感じだもんね。
オレの格好なんてこのままデパートに行ったら・・・優しいおばちゃんがお金を恵んでくれるんじゃないかという格好だし。。。

そんなお洒落泥棒に囲まれながら19時を10分くらい過ぎた頃に前座の「MY WAY MY LOVE」が登場。
客席は結構パンパンですよ。

そして、ギターをかき鳴らした途端にオレの周りのお洒落泥棒たちが退場。

そして、ボーカルが歌いだした途端に奥にいたTシャツ暴君が退場。

アレーーー隙間だらけに。
まぁブラフの音とは全然違ったし、難しい音楽だったので無理もないでしょう。
オレも最後の曲の前に退場。
詳しくはググってみてください。

MY WAY MY LOVE

そして、真打登場に誰もが待ちわびる。

そして、「モリィターーー ナーチョイィモリー ネーモージー ターカーイィモリョー」とおなじみのSEが会場に鳴り響く。

めっちゃみんな拝んでる。

そして、その拝んだ手を頭上に掲げながらステージに向かって前進(爆)

工工エエェェΣ(゚□゚ノ)ノェェエエ工工

新興宗教??

誰もがそう思ったはず。

完全に陶酔している人も(危)

気になる一曲目は「KAMUY-PIRMA」

この日のブラフは静かな立ち上がりを選択。

静かな立ち上がりはブラフの常套手段だけど、トシロウさんの声が静かな会場に鳴り響く。
この日のトシロウさんのボーカルはキレキレだった。
こんなにキレているトシロウさんのボーカルは初めて。

この時「絶対りょうさんから奪ってやる」と意思を固めたのはここだけの話に(照)

何回か静かな曲でボツボツボツボツと鳥肌いただきました。

伸びる伸びる。
良い感じに伸びる。
ここへ来て更にレベルが上がったね。

そして、CDと同じ
THE ONLY WAY
SPECULATION
EPIGRAM
の流れは爆発必死ね。

一曲目で押さえ込まれていただけに爆発力は半端ない。

Speculationの溜めも今日もバッチリ深い。

THE VOID
BASIS
でさらに客席を上がらせる。
どんだけ上がれば気が済むんだと。。。
早くもヨレヨレになって出て行く人がちらほら (-∧-)合掌・・・

そんな半端なやつはよそに更にトシロウさんのボルテージは天井知らず。

CAUSATION
BEYOND THE MOUNTAIN
DEEP
YOU DON'T LIVE HERE ANYMORE
SEE OFF
この辺は完全にピークね。

1人のお客は変な所にスイッチが入っちゃったらしく。
カニみたいにチョキチョキしながら反復横飛びしている人が!!(゜o゜;) ハッ

テンションが上がったとかそんなんじゃなくカニがとりつかれたかのように。

鬱陶しいとかその辺を超えたね。
心配しちゃうくらい。
いや、メッチャ手をチョキチョキしてたからね。

えっカニベース??

危うくカニボーイに全てを持っていかれそうになったけど、ビヨンドがオレを呼び戻してくれました。

最後の「FIBS IN THE HAND」でまた鳥肌をいただくと。

それにしても前回のMiddle Wayも良かったけど、今回のアルバムも半端ないですよね。
パンチ力は前作のほうがあったけど、今回のアルバムは全てを通してバランスが良い。

Middle WayをさまよっていたBRAHMANも今回のアルバムを出したことによって回答が出たんじゃないでしょうか?

The Only Wayということで

まだまだブラフには活動してもらわないと困るので。

昔から活動しているバンドって少なくなったじゃないですか?
好きなバンドにはまだまだ頑張って欲しいですからね。


そして、再び出てきたメンバーは
FOR ONE'S LIFE
RESULT OF THE NEXT
ARTMAN
を演って「ありがとう」とだけ言ってステージから去っていきました。

こりゃ意地でもツアーファイナルのTOKYO DOME CITY公演取るしかないよね。


セットリスト(拾い物)

KAMUY-PIRMA
THE ONLY WAY
SPECULATION
EPIGRAM
HANDAN'S PILLOW
THE VOID
BASIS
STAND ALOOF
時の鐘
ONENESS
CAUSATION
BEYOND THE MOUNTAIN
DEEP
YOU DON'T LIVE HERE ANYMORE
SEE OFF
逆光
SILENT DAY
FIBS IN THE HAND

En.
FOR ONE'S LIFE
RESULT OF THE NEXT
ARTMAN


ランキング参加中

このお話お気に召されたなら
ワンクリックお願いします

スポンサーサイト

ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/03/11(火) 23:41)


<<BRAHMAN TOUR FINAL 情報解禁の巻 | ホーム | BRAHMAN “AUTONOMY” TOUR ロングスリーブTシャツの巻>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://tshirts.blog56.fc2.com/tb.php/525-e7025a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。