[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない KEN YOKOYAMA “DEAD AT BUDOKAN” その2(シークレットゲスト編)の巻

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 KEN YOKOYAMA “DEAD AT BUDOKAN” その2(シークレットゲスト編)の巻
さぁ第二章の始まり。

お札を持つのもままならないで物販ゾーンを通過。

さぁ時計を見ると18時。カーン

武道館は時間に厳しいのも有名な話。

絶対、定刻どおりやるはず。
アリーナ席入り口に「24時間テレビ」ばりに寒さにやられた足を引きずりながら入場しようとした瞬間。

「ウワァァァーーー!!」

場内から歓声が!!!

「誰や?誰なんだ??」

慣れない場内を矢印に導かれながら駆ける駆ける。
途中、トイレッタに寄ると
場内から音が反響して便器から「あの少し鼻にかかったセクシーボイス」が聞こえるじゃないですか!

ズボンのボタンも閉めたか記憶にないくらいに足早に場内に滑り込むようにして

扉を「ドーンッ」
前方のステージに

あの類まれな超ストイックバンド『BRAHMAN』の姿が!!

どうやら、初っ端から新曲をやっているらしい。
相変わらず、攻撃的なセットリストを持ってくるバンドだ。
落ち着きを取り戻し、周りを見回すと薄暗い中にすごい数の観客が入っているのが確認できる。
武道館特有のすり鉢状の客席が迫力ある。
そこにブラフマンが危機迫る迫力で演奏をしている。

冷静に見てみれば少し、気負い気味かな?なんて思ったり。
演奏もいつものブラフよりも乱れていた気がするし、コーキさんもいつもは間違えないところで間違えていた。
マコトさんのマイクは完全に死んでいたせいか、artmanのサビは台無しでした。
ロンヂさんのドラムも少し走り気味かな?なんて。
あくまでも冷静に見た場合だけどね。
武道館がそうさせちゃうのかな?(爆)

ただ冷静に見れないのがこの曲。『BEYOND THE MOUNTAIN』
これは完璧。
あの曲ホント鉄板です。
間違いなく盛り上がる。
もう原曲とは全く違った迫力になっています。
トシロウさんも相当テンション上がって変なところに入っちゃたんだろうね。
「チャッチャッチャ」のところで手拍子打ってたからね。

マイクスタンド、バッキバキになってましたね(怖)

別に大観客の前でやるBRAHMANを初めて見るわけではないんだけど、なんか「ウワッ」ってなるものがあるんです。(上手く言葉で表現できないですけど)
後ろのブロックでもダイブが起きているし(笑)

確かにやっていることは同じなのにライブハウスとは全く異質なものに仕上がっているんです。
武道館の空間が優しいんですよ。
天井が高いっていうのがあるのかな?
音は尖っているのに空間が優しい。
難しいけど、そんな感じなんです。

新曲
新曲
deep
see off
arrival time
speculation
new sentiment
the void
basis
beyond the mountain
artman
(順不同)

ARTMANの最後は昔のX JAPANみたいに楽器を投げ捨てるようにして退場していきました。
まさに台風一過状態。
シーンとした空気が数秒。

こりゃ、レコ発行きたいわ。

武道館でBRAHMANもいいもんですな。
いや、かなりレアだから。

つづく↓


ランキング参加中

このお話お気に召されたなら
ワンクリックお願いします

スポンサーサイト

ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/01/14(月) 19:50)


<<KEN YOKOYAMA “DEAD AT BUDOKAN” その1(物販編)の巻 | ホーム | KEN YOKOYAMA “DEAD AT BUDOKAN” その3(KEN YOKOYAMA編)の巻>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://tshirts.blog56.fc2.com/tb.php/509-af6eec44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。