[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない タイヨウのうたの巻

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 タイヨウのうたの巻
久々に満足度、もう一度見たい度共に満点の映画が来た!!

571.jpg
タイヨウのうた
2006.11.22 \3082

出演
YUI
塚本高史


<ストーリー>
雨音薫、16才。学校に行かず、夜になると駅前の広場で歌い続ける毎日。彼女は、太陽の光にあたれないXP(色素性乾皮症)という病気を抱えていた。昼と夜の逆転した孤独な毎日。彼女は歌うことでしか生きていることを実感できないのだ。そんな彼女の秘密の楽しみ、それは、彼女が眠りにつく明け方からサーフィンに向かう孝治を部屋の窓から眺めることだった。太陽の下では決して出会う事のない二人だったが、運命は二人を引き寄せる。初めてのキス、初めての恋。普通の幸せを夢見るようになる薫だが、自分の残された時間が少なくなっていることを知る。“歌うことは生きている証”。彼女の歌に心を揺さぶられた孝治は、彼女にある約束をする。

本編予告(ネタバレ感若干有り)


この映画を見ようと思ったきっかけは今年の夏のROCK IN JAPAN FES.2006で木村カエラを蹴ってYUIを見たことから始まりました。
MCで「私はYUI?」という自己紹介に何故に「」という不思議っ子ちゃんぷりから気になりだし。
この劇中でも歌われている曲が良かったのがひとつ。

住んでいる所の近所が映画に出ていることがひとつ。

XPという不治の病がテーマとして取り上げられているのがひとつ。

とりあえず純粋に「見たい」と思った作品です。


最近のオレは映画一本を見る程、体力がありません。
確実に途中で寝てしまうのです。(最近のオレの映画面白度はオレが寝るかどうかで判断しています。)
だけどこの映画は違いました。
この映画を見る前に他の映画の続き(30分ほど)を見ていたのですが、この映画は眠気が出ることなく一気に見ることが出来ました。

難しい病気がテーマだけにもっとドロドロしている映画かと思ったけど以外にさっぱり「爽やか純愛物」でした。

これは監督の技術でしょうね。
変にコッテリしていたらこの映画は普通の映画に終わってたでしょう。
コッテリしかねない話をサッパリさせているところなんかはラーメン屋店主もビックリのテクニックです。
そのサッパリ感が話をストレートに分かりやすく尚且つ話に入り込み易くすることができたんでしょうね。
ムダがありません。

主演のYUIと塚本高史というキャスティングも良かったです。
ストーリーが純愛ならキャストも純粋じゃないきゃ。
YUIが良かったですよ。
芝居が上手いというわけではないんだけど、何か惹かれるものがありました。
芝居芝居してないところが純愛映画に拍車をかけていました。

ホロリと泣けるこの映画オススメです。
セツネェよ、セツネェ。
是非!!


そんなわけで昨日の深夜に見ていたんだけど我慢できずに見終わった後
深夜2時に職質覚悟でロケ場所を訪問。

映画を見ていない人にとっちゃ何のことはないスナップ写真。
だけど映画を見た人には思い出の場所。


061129_0159~0003.jpg 061129_1402~0001.jpg
街のメインストリート

061129_0207~0002.jpg

061129_1409~0001.jpg
薫がストリートライブをしていた場所

061129_1408~0001.jpg

061129_0208~0001.jpg 061129_1425~0001.jpg
薫が考治をストリートライブ中に見つけて追いかけた地下道


オレが何時にこの場所に行ったかはファイル名から判断してください。
それにしてもオレ何やってんだろうね(笑)
30直前、犯罪者すれすれ。
ミーハー心丸出しです。
オレ、昔からミーハーなんですよ。

そのうち塚本よろしくヘッドホンかけてGood-bye daysを公園で聴きかねないです。

でもそれくらい危険を冒してもこの場所に行きたかった。
それだけ切ないラブストーリーだったから・・・

ぜひ今度は薫が部屋から考治を見ていたバス停を訪れたいと思います。


オススメ度:総合点高史。(高しと高史を掛け・・・)



ランキング参加中

役に立ったり、笑っていただけたら
ワンクリックお願いします
とてもヤル気が出ます
スポンサーサイト

映画/ドラマ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/11/29(水) 18:39)


<<今のオレの巻 | ホーム | brownset活動開始の巻>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://tshirts.blog56.fc2.com/tb.php/323-6480a83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。