[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない 2008年10月

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 SNUFF TOKYO TOUR 2008の巻
今日何故か電車の中でずーっと片足で立っているサラリーマンがいました。
王貞治の再来??

こんんばんわ、タケです。

行ってきました。

「INYA FACE & PUNK ROCK CONFIDENTIAL JAPAN presents SNUFF TOKYO TOUR 2008」
2008/10/29 Shibuya O-NEST 19:00

SNUFF
TROPICAL GORILLA
S.M.N.
MUGWUMPS
ONE THOUGHT MOMENT


久々の外タレ。
外人の音楽を好まないオレが久々に動かされたバンド。

『SNUFF』

仕事が終わってから行ったので、ちょっと遅刻。
行ったらS.M.Nの最後の曲でした(;´д`)トホホ
見たかったのに・・・

そして、トロリじゃなくてトロゴリ。
どこ行っても、あの調子だからたまらない。
曲が始まる前からシムさんめがね曇っているし(笑)

何故かこの日ギターの8Pさんがいない。(詳細求む!!)
代わりに現SENSATIONSで元UNITED SKATESのギターレッド君がプレイ。
でも、ギターの音の違和感に馴染めず。。。
シムさんのベース音がやたら際立ってました。

それは別としても相変わらずのトロゴリ具合に大満足。
シムさんのお気に入り名言「SEE YOU IN THE PIT」の元、最後の曲(何やったか忘れちゃった(照)はメンバー全員モッシュピットでプレイ。

ギターのシールドは抜けるはスタンド倒れるやでテンヤワンヤ。
最後まで気負うことなく(?)らしさを貫いていました。

次にオレ一番(昇格)のお気に入りMUGWUMPS(マグワンプス)
トリ前というのがINYA FACEの推し具合が伺えます。
いやーかなりアウェイだったはず。

でも、やっぱり彼らはイイ。
スナッフの前座というのは存分に楽しんでいました。
なんだかんだで盛り上がったんじゃないんですか?
かなり喰ったはず。
小池君かなり上がってましたね。

転がったり跳ねたり大忙し。
良いライブでした。

そして、いよいよ真打ち登場の前に外でタバコ吸って何気なくトイレの列見てたら外人さんが「ちょっとゴメン急いでいるんで先にトレイに行ってもいい?」と言ってて「ダメダメ並んでいるの」と断られた外人さんがいました。
その外人の顔を見るとSNUFFのトロンボーンのDaveなの(爆)
普通にトイレの列に並んでいるし(笑)裏のトイレ使えないのかね。
酔っ払いには「ダンカン、ダンカン」って言って絡まれているし。

そして、かなり押して21時55分くらいからのスタート。
ちなみにオレの帰宅時間は22時15分にはでないと次の日が辛い。
20分しかない・・・・

でも、SNUFFとしての久々の来日なので超盛り上がってたね。
もちろん客層もオレよりも上の人もたくさん、なんかホーム感覚でホッとします。

曲のタイトル分かんないけど、とにかく全曲盛り上がってたよ。
泣く泣く途中で退出したけど。

まぁ明日の横浜に行くんでそこでじっくり見たいと思います。

ダンカンにイーーーーェッ!!
スポンサーサイト

ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/30(木) 23:06)


 SCAFULL KING絡み情報の巻
渋谷AXで踊り狂ったあの日からはや1年。

こんばんわ、タケです。

SCAFULL KING絡みの情報が入ってまいりました。


SCAFULL KINGのトリビュートが発売されます!!



参加バンドはスキャフルの名にふさわしいバンドがずらり。

参加バンド
BACK DROP BOMB :DOO WEE (from SCAtegory)
BRAHMAN:Brighten Up (from SCAtegory)
CUBISMO GRAFICO Orchestra:WE ARE THE WORLD (from SCAtegory)
COMEBACK MY DAUGHTERS:Irish Farm (SCANDAL!)
DOPING PANDA:SOUL TO SOUL (from SCAnation)
Brown&THE FOUR BACKS(from Oi-SKALL MATES):FAR PLACE (from SCAnation)
LEADERS OF THE PACK:SAVE YOU LOVE (from SCAtegory)
LOW IQ 01:NOTHING (from sensational)
Oi SKALL MATES:WHISTLE (from SCAtegory)
Riddim Saunter:NO TIME (from SCAtegory)
RUDE BONES:YOU WANNA DO (SCANDAL!)
SPECIAL OTHERS:NO TIME (from SCAtegory)
TROPICAL GORILLA:COSTELLO (from sensational)
YOUR SONG IS GOOD:LUNCH IN THE JAIL (from SCAFULL KING)


ねっ

思わずガッツポーズしたくなるバンドばかりでしょ。
あのスキャフルの癖のある楽曲たちを癖のあるバンドたちがどうカバーしてくるか楽しみで仕方ありません。
BRAHMANのスキャフルカバー非常に気になるところです。

発売は12/5(金)です。
それまで妄想しながら待ちましょう。

スキャスキャ
CDリリース情報 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/13(月) 20:31)


 MUGWUMPS / AT POP SPEEDの巻
やっぱり彼らを紹介しないとだめっしょ!!

ということで2008年新人王No.1候補を紹介します。

MUGWUMPS(マグワンプス)

118.jpg
MUGWUMPS / At Pop Speed
2008.06.25 ¥2100


1 Laughing Out Loud
2 Ain't Everything
3 Don't Back Down
4 No Excuses
5 Don't Care At All
6 Tell Me
7 Before I Let You Down
8 Different Lanes
9 Message In A Throttle
10 Punks Not Fed
11 World's Going Wrong
12 Left Unsaid
13 Better Place
14 Soundcheck Song
15 All This Fun

+Secret Track
16 Pep Talk
(DESCENDENTS cover)

試聴

http://indiesmusic.com/asx/musicsample.asx?musicid=&mediaid=15153&all=1&pv=


八王子を主戦場にしている彼らがついに国内デビュー。
ついに国内デビューというのは、実は彼ら国内より先にフランスのGuerilla Assoよりヨーロッパデビューしているんです。
その作品は諸事情により日本には入ってこないそうですが。。。

ほんと単独音源を待ちわびてました。
逆輸入バンドと言っても過言ではない彼らの初単独音源がコレです。
ただの逆輸入ではなくちゃんとボーカルの小池君も海外生活がありネイティブな発音が魅力的。

初期衝動だったりPOPセンスもかなりのレベル。
コンピレーションの参加枚数をみれば音楽関係者からの信頼度もかなり高いはず。
1stアルバムらしく勢いのある楽曲をズラリと並べてきてビックパンチを振り回す始末。
また、そのビックパンチが当たること当たること。
気持ちいいパンチを振り回してくれます。

久しぶりにこんなにパンチのあるバンドの登場です。
また彼らのライブパフォーマンスもいいんですよ。
CDは教科書どおりというか綺麗な音なんですが、ライブだとゴリゴリの音だったりボーカルだったりパフォーマンスを見せてくれます。

ちょうどELLEGARDENのポジションが空くからそこにはまりそうなバンドですね。
(注:エルレの二番煎じというわけではない)

今月末のレコ発ファイナルまでただいまレコ発ツアー中。
お近くの方はぜひ先物買いのつもりで見てみてください。




Are you ready??
お勧めCD★★★★★(満点) | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/04(土) 22:31)


 SPACE BOYS presents“FEEL YOUR SPACE vol.5”の巻
更新サボって申し訳ございません。

タケでございます。

今日も特別更新しようと思っていなかったのですが、今日ホームの端でタバコを吸おうと歩いていたら明らかに毛が生えて間もない高校生ですよ(推定高校1年生)

が、抱き合ったりチュッチュやっていたので、思わず注意しそうになった30歳の秋。
オレも若年者に注意を試みようなんて年をとったなぁと秋の空にたそがれたわけですよ。

そりゃコッテリしたラーメンなんか食べた日にゃ次の日の昼まで引っ張りますからね。
まじビビんよ!!あの胃もたれ具合。。。

はい、そこで「んなわけない!」とつっこんだ20代のあなた、有名ホテルのポーター(荷物持ちの係りの人)並みに持っていくぞ。
もたれるぞ


だけどさ、やっぱりまだまだ若いものには負けないぞという反骨精神って誰もが持っているじゃない?
少なからずオレもそう、だから「Not dead over 30」ということで

行ってきました。

SPACE BOYS presents“FEEL YOUR SPACE vol.5”
2008.09.26 @F.A.D YOKOHAMA

SPACE BOYS
MUGWUMPS
fam
COUNTRY YARD
FOUR GET ME A NOTS
ANTI×SOCIAL×STUDENT
words weeds
ROYAL POTATOES



オレの中で完全にアウェーになる覚悟で飛び込んできました。
出るバンドが20代前半ということで客層はさらに若い10代が多い感じ。
オレの居場所はどこといわんばかりに・・・
お客の入りが7,8割だったので楽でしたが。

そんなアウェーの中どうしても見たかったバンドがいくつかいて。

それは何度か名前を出していますが、オレの今年1番の新人王候補「MUGWUMPS」
今年1stアルバムを出して(次の記事で必ず紹介します)勢いバリバリの彼ら。
SNUFFのトリビュートにもトップバッターで参加。
要注意バンドですよ。

それとFOUR GET ME A NOTS。
これまた男女混声の3ピースバンド。
見たかった。

あとは1stアルバムを出して成長著しいANTI×SOCIAL×STUDENT。
最初見たときは気にも留めていなかったバンドだけど、今は1学期は気にならなかったけど2学期になったらちょっと気になりはじめたクラスの女の子的存在。

あとは中略で・・・スイマセン


まずANTI×SOCIAL×STUDENT、確実に良くなってきています。
それはだんだん、なんでもない女の子が自分の中でランキングが赤◎急上昇していくのが分かる。
名前はアンチソシアルなんてちょっと突っかかりにくいけど、音は良質のPUNK SOUND。
初心者にも優しい音です。

ANTI×SOCIAL×STUDENT official HP
http://antisocialstudent.com/

次の作品でオレの中での格付けが決まることでしょう。


そしてこの日2番目に良かったのがFOUR GET ME A NOTS
やっと見ることが出来ました。

ボニーピンクのFORGET ME NOTをSEに登場。
サビのFORGET ME NOTという歌詞のとこで現れるなんていなせな演出に思わずうなずく。

まだそんなに音源は出していないけど一曲一曲がファストで濃い。
スゲー濃密です。
またギターが女性の割には攻撃的なギターを弾いています。

陽気なメロコアではない、どちらかというとHAWAIIAN6と似た匂いのするテイスト。
それはやっぱり自分たちの質を理解していないと出来ないこと。
ボーカルの質と楽曲の質が見事にマッチしています。

ただ、ひとつだけ言うならばせっかくの女性ボーカルをもっと有効的に活かせないかな?というところでしょうか。

まだまだレベルアップの余地が十分にあるバンドでしょうね。
次の動向要チェックです。


そして、やっぱりオレはこのバンドだけを見に来たといっても過言ではないでしょう。

イエス!!マグワンプス!!!

次世代を担うのは彼ら。
オレべた褒めです。
待ちに待った1stを持ってのレコ発ツアー中の彼ら。
一身上の都合でなかなか参加できないオレ(今回しか参加できない)
この日もレコ発の一環。
ということでMC少なめで1stを中心にガンガンに攻めてくれました。
1曲目は1st以前のEvery Timeとこれまたワッショイなパーティーチューンですよ。
いきなりフロアはワッショイムードに。

ボーカルの小池くん、あんまりパンク少年に見えないんですけどねちっちゃくて可愛いんですよ。
でも、ギターもってマイクの前に立つとライブハウスの中の誰よりもパンクキッズに早変わり。

パンクが好きなんだなっていうのがよく分かりますよ。
ネイティブな発音にセンスのいい楽器たち。
よく練習しています。

今30オーバーのバンドマンの人たちがこの年代のときって多分こんなに上手くなかったと思いますよ。
今の若いバンドマンは先輩たちを見習って今があるんでしょうけどね。

とにかくこの日のマグワンプスよかったです。
十数曲あっという間でしかけど、爽快以外の何者でもないですね。

LOVEです。

SNUFFの来日もサポートしたりしますし、こりゃ来ちゃうんじゃないですか??

MUGWUMPSです。覚えておいてください。
ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/10/02(木) 23:11)


copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。