[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない 2008年07月

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 BRAHMAN “AUTONOMY” TOUR FINAL Tシャツその2の巻
思い出の一枚
braautofinal.jpg
FRONT PRINT

braautofinal2.jpg
BACK PRINT

braautofinal1.jpg
enlarged photo

braautofinal3.jpg
enlarged photo


BRAHMANの“AUTONOMY” TOUR FINAL JCB HALL限定Tシャツその2です。

前にも似たようなツアーTがありましたよね。
オレは買うとき前記事のデザインと迷ったんですけど、結局列が自分の番になったら口が勝手に「両方ください」と言ってしまってました・・・
そんなことしてんだから、この枚数になっちゃいますよね(笑)

記念だからまぁいいや
スポンサーサイト

バンドTシャツ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/07/10(木) 21:33)


 BRAHMAN “AUTONOMY” TOUR FINAL Tシャツの巻
思い出の一枚
braautofinal4.jpg
FRONT PRINT

braautofinal5.jpg
BACK PRINT


BRAHMANの“AUTONOMY” TOUR FINAL JCB HALL限定Tシャツ

ANTINOMYのあのジャケット、7stars懇親のデザインをプリント。
通販で買おうか迷った挙句買わなくて良かったなと。
7starsお得意の近くによると細かい文字が羅列しています。
バンドTシャツ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/07/08(火) 22:36)


 BRAHMAN “AUTONOMY” TOUR FINALの巻
行ってきました。

KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合 夏だ!ツアーだ!!ワッハッハー!!!
@TOKYO DOME

jan2.jpg

はい、行ってはいません。
すいません。
完全に迷い込みました。
BRAHMANのライブに行くつもりがいつのまに関ジャニの方へ・・・

jan.jpg jan1.jpg

スゲー人というかスゲー女の子!!
女子高に迷い込んだ気分。
この状況かなり夢だったけど、実際になるとかなり不安。。。
そして、恐怖。

ジャニーズのコンサート会場に行ったのは初めてでしたが、すごいパワーだね。
団扇のサイズがでかい事。

ドームに行った人は楽しめましたか?

=割愛=

そんなジャニーズパワーに負けないぞと意気込んでJCBホールに向かうと先行物販が始まるとのこと。
列にならんでみたものの先ほどの関ジャニの物販を見た後だとかなりショボイ。。。

しかし、このTシャツ軍団の中に入ると何故か落ち着く。
これが『ホームの味』。

BRAHMAN

“AUTONOMY” TOUR FINAL


2008.07.06

@Tokyo Dome City JCB HALL



このJCBホール、今年3月に出来たということでかなり外観が綺麗。
そして、造りもトリッキー。
中に入るといきなり下に降りるエスカレーターが!
ライブハウスにエスカレーターがあるということだけでテンションだだ上がり(そんなに田舎ものでないはず)
しかも、3フロア分も下に潜る。

さすが都内ど真ん中のライブハウス。
土地は有効活用しています。
潜って潜ってやっとたどり着いたホール。

小さい日本武道館って感じですね。
シート席もだいぶ急勾配に作られ客席とステージの距離を近く作られているなというのが印象。

開演15分くらい前に入ったのでそんなに待たないと思っていたけど、なかなか始まらない。
オレを含め周りの人たちが色々な対バン予想を立てていた。
そんな予想をしながらも開演時間を10分20分と過ぎても誰も出てこない。

こんなに押すんだったらチケットに開演時間を書かないでと思ったのはオレだけではないはず。
普通だったら大問題ですよ。

開演時間25分過ぎですよ。
誰かがステージに出てきてセッティングをしはじめた。

「誰だ!?」「ダレ!?」
大騒ぎ。
そして、あのギターの音が一閃。
誰もが名もないゲストが出てきたと思うじゃないですか。

「Kamuy-pirma」

完全に裏をかかれた!
まさかツアーファイナルでSEなしで出てくるなんて思わないじゃないですか。
完全に想定外に『!!』
してやったりってヤツです。

そして、一曲目終わりに白幕が「ダァッー」と降りて神秘的な映像と共に例の「お母さんお願い」のSEが流れる。
まさかここでSEを流してくるとはまたもや裏をかかれる。


このときにどんなトラブルがあったかは詳しくは分からないがコウキさん側の幕がグデグデな感じで落ちる。
SE終わりでThe Only Wayが始まる。
映像もかなり中途半端な感じでした。
そして、マコトさん側の幕がもぎ取られる。
後にコレがどういうことだったのかは分かるんですが、それはずぅーっと後の話。

セットリストはそんなに以前と変わらずでした。
JCBホールは音が悪いね。
もっと造りからして良いものを想像していたけど、割れていたり音がちゃんと混ざっていなかったりで良くはありませんでした。

そのかわり、客席一番後ろまでの距離は少ないので一体感は生まれていました。
まさにライブな感じです。

久々の「Cherries were made for eating」に感涙。
「New sentiment」ではAir Jamを思い出し。
「Beyond the mountain」ではオレをモッシュピットに引きずり込ませ。

色褪せないバンドです。

やっぱりモッシュピットに年甲斐もなく行っちゃいました(照)
そして、思いっきり誰かの指が目に入りました(照)
目が無くなったかと思いました(照)

ダイブして頭から落ちて血を流していた人がいたでしょ。
ダイブは危険だから気をつけてください。
途中トシロウさん「跳べんだろ」と言って煽ってましたけど・・・

正直、モッシュピットに飛び込むと記憶飛んじゃうんですよね。
第二のトシロウはオレだ!と言わんばかりに暴れていますからね。
完全に世間に対する怒りをこの場にぶつけています。

おかげでトシロウさんの数メートル前まで行っちゃいました(大照)

それにしても本編終了後のアンコールに出てくるの間が長すぎ・・・
もちろん、アンコールというのはおまけ的なものだから主導権はバンド側にあるのだろうけど、それにしても長い。

とりあえず出てきてくれて
White Deep Mornig
For One's Life
Shadow Play
Answer For...
Artman
を演奏。

トシロウさん、最近Artmanで脱ぐのが流行ってんのかな?
裸体を披露。
みんな惚れ惚れ。

Artmanやっちゃったからもう終わりかと思ったけど、客が粘りましたね。

20分くらいしたらなぜかSmashの責任者が出てきて客を1ブロック分後退させました。
理由は金物が降りてくるからとの事。
ドリフ世代は完全に金ダライを想像したはず。
タライの気配もなく、作業もしそうもないのでロビーで休憩。
モニター画面で見てたらやっぱり白幕を付け直している。
やっぱりあのオープニングは失敗だったらしい。

あの初っ端のなぁなぁになったオープニングをやり直す!
この日、かなりのカメラ入ってましたからね。
あのオープニングですよ。

再度スタンバイがなされてから会場に入るとロンヂさんが1人でステージイン。

ド・ドン!!とデカイ音を・・・
もしや、このドラミングは!!

コウキさん入場でトンファのイントロが成立。
これまた久々のトンファに会場に激震が走る。
フラストレーションを晴らすかのように会場が揺れる。
ついつい拳を握りたくなる曲。

そのトンファ終わりで白幕が「バサッ」と
そして、SEと映像ドーン!!
明らかに一回目より拝む人の数が増えている(驚)

The Only Wayをやり遂げてマイクスタンドを頭上にポイッと!
トシロウさん間髪入れず「失敗しても何度でもやるよ!」とちょっと不敵な笑みを浮かべながらステージを去っていきました。

かなり内容は濃かったのに演出的にグダグダでしたね。
もったいない。

最近本当にこの演出が好きですね。
別に凝った演出なんていらないのに。
オレはBRAHMANに演出は求めてません。

リアルが欲しいんです。

そこがなくなったらBRAHMANのライブにはいかなくなるだろうなと。。。
あと客をもう少し、本当にもう少しだけでいいので大事にしてください。
お願いします。
ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/07/07(月) 21:44)


 スパイ?の巻
いよいよ気温も上がって夏らしくなってきました。

こんにちわ、タケです。

夏になればみんな薄着になる、そんな淡い期待を持っている男性たちも少なくはないでしょう。
いや、持っていなければ男でないはず。

そんなオレも期待持ちの1人。
み、みんなも持っているよね?

なぜ、そんな男の変態思考をいきなりあらわにしたかというと。
昨日来たんですよ。

いやー外の気温は30℃オーバーですよ。
もちろん、薄着の人はたくさんいたんです。
そんなのにいちいち反応していたら想像死ですよ。

しかぁし、昨日の人は反応してあげなきゃ可哀相ですよ。



いつもの通りオレは野菜をMr.ストイックの名を欲しいばかりに一心不乱に出していました。
まぁそれはストイックですよ。

一息ついて売り場を見渡したときです。
30メートル先に外人さんの団体(5人)の姿が見えました。
その姿から明らかに観光で土産袋を手に日本のスーパーで珍しいものでも買いに来たのでしょう
服装は様々でしたね。

1人のオバちゃんは王道スタイルで膝丈パンツにカットソー。
高校生くらいの女の子は日本にあこがれているんでしょうか?
背中に大きく「幸福」と書いたTシャツを着ていました。
切ないです。

その中の1人ですよ。
明らかに違和感ありありの女性が1人。
年齢は20代中盤。
着ている服は白いセクシードレス。
言葉だと表現しにくいですよ。
深夜のテレビショッピングで一枚のドレスが色々なドレスに変わるっていうあんなドレスですよ。
とにかくセクシーなんです。

胸元がザックリX型に開いているんです。
Ms.Xと呼ぶにふさわしい開き具合ですよ。
し、しかも、乳首がポッツリ浮いているのノーブラ。
シャラポワとかそんなの比じゃない!
「シャラポワか?」
「いや、この前までウィンブルドンに出てたはず」
完全に意味不明な会話をしてしまうほどの混乱具合。

ブラジャーを付け忘れたとかそういうレベルじゃない!
あれは明らかに故意につけていない。

そんな人がですよ。
昼下がりの日本のスーパーを歩いてみなさいよ。
そりゃスーパー大騒ぎですよ。
非常コールが鳴りっぱなしですよ。

店員同士「獲物はどこにいった?」

「今、冷凍食品売り場の前にいます。」

「ホシはお菓子売り場に行った模様です。」

「あっ明治のチョコレートを手にしました。」

みんなテレビ見すぎだから。
万引き犯を捕まえるのよりガン見そして必死。

これねぇ、男だけがこんな反応をしていると思うでしょ?
女の人も結構見てたからね。
買い物中のおばちゃんなんかナスを手にもって止まってましたから。
女性の場合は男のエロと違って「驚き」でしょうけど。

レジの女の子も見すぎというくらい見ていたからね(笑)

その1人の女性のおかげですよ。
店は完全に狂っていましたよ。

オレと目が合ったとき「ニヤッ」とほくそ笑んだんですよ。
その時、オレは確信したね。
ヤツ(彼女)は日本(日本人)を混乱させるために外国のどこかが送り込んだスパイだと・・・


そんじゃBRAHMANのファイナルイッテキマース"8-( *゜ー゜)カタカタカタ--.. 。
どうでもいいこと | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/07/06(日) 11:04)


 湘南音祭vol.2の巻
こんばんわ、タケです。

行ってきましたよ。

湘南音祭vol.2
2008.06.29
@江ノ島 湘南港特設ステージ

w/STAB(opening act)
GROLY HILL
FLOW
THE BACK HORN
RIZE
マキシマム ザ ホルモン
Dragon Ash
山嵐
(出演順)


家から20分電車に乗れば着いてしまう。
日本のモンサンミッシェルこと江ノ島。
enoshi.jpg
某私鉄の江ノ島駅はまさに竜宮城スタイル

そんなところで、音楽フェスが開催されるなんて夢のよう。。。なんてのん気な事を言っていたら当日、とんでもない事に。

オレの行く29日だけ雨マークが取れやしない。

あの某天パー天気予報士ですら、雨を連呼。

どうやら人生初の雨ライブになりそう。

朝、7時ごろのんびりと起きて間に合うのが特権。
江ノ島の地に降りた時から雨が強くなってくる。
会場前には9時前に到着。
この時点でかなりの本降り具合。
オレとオレの娘と二人で先乗りして物販を買うことに。
目的は娘にホルモンTを買ってあげること。

去年あたりから、ホルモンのライブで頭を振ることに快楽を覚えた娘(6歳)はライブに行きたくてたまらないお年頃。
母親のお腹にいる頃からROCKを聴いて育っているので当たり前といえば当たり前か。

行列に並ぶことなくTシャツを買うことができ、時間がかなり余る。
朝食をとるためにいったん島を離れることに。
麻マック朝マックをしたあと、それでも開演まで時間があるのでゲーセンで遊ぶことに。
メダルゲームで遊んでいたんですが、こういう時って当たるよね。
どんどんコインが増えていく。
最後はセレブ賭けでなんとかなくしましたけど、案の定会場に着いたらGLORY HILLが終わってるところだったというのは後の話。

再度島に入ったときには入島する人の格好がだんだん変に。
傘を差している人が少なくなってくる。
そして、河童率が高く。合羽率が高くなる。

会場に着いたときには鳥居みゆき祭かと思うほどの白装束っぽい人たちがいっぱい。
会場内、傘は持ち込めないので柵にスンゲー数の傘がぶら下がっていました。

雨予報ということもあって合羽はちゃんと用意してあったので余裕でした。
雨を舐めちゃいけないよ。
ちゃんとビニール袋もたくさん用意していたし。
ハーパンにサンダルの雨装備で参加したのでオレは全然苦じゃなかったですけど、それにしてもスゲー雨の降り方でしたね。
この時点で伝説のイベントになりそうな予感がプンプン

悲壮感すら漂っていましたからね(笑)

「アレ?フェスってこんなにストイックなものだっけ?」と思えてくるほど。
まず、みんなの顔から笑顔がない。
オレの知っているフェスってもっとみんなの顔に笑顔が見えるんですけどね。
シンドラーのリストを彷彿させる光景が続出。
トイレに並ぶカッパの列は死刑台に上る死刑囚のよう。

みんな屋台飯食べているんだけど、雨でずぶ濡れにぬれた食べ物を口に運んでいる姿は真のROCK'N ROLLでした。
酒を飲んでも酔えないのね。
雨で薄まっちゃうの(*・ε・*)ムー

タバコを吸ってても、やっぱり悲壮感が出ずにはいられない。

それでも、バックホーンの時には雨も止んだから良かったですけどね。
伝説は消えたけど、正直テンションがた落ちでライブどころじゃないですよ。

FLOW,THE BACK HORNに久しぶりのRIZEもまったく上がれず。
遠くから見ていました。

ホルモンのときにやっと重い腰を上げて前のほうに行って頭ふっときましたよ。

この日、ホルモン御一行は湘南名物「トンビ」に乗ってやってきたそうです。
トンビが上を飛んでいるときは食べ物を食べないでくださいね。
上から直滑降で食べ物を奪いに飛んできます。
スゲー怖いから。
勇気のある方は是非。

湘南の似合わないバンドNO.1ですよ。
見えはしないけど左には海、右にはヨット・ハーバーですよ。

この日は新曲「爪爪爪」を期待していたんですけどね。
ダイスケはんのMCで新譜に触れたから次来るかと思ったら「シミ」だったし。
代わりにB'zの曲をいっぱい歌ってくれました。
ウルトラベストも宣伝して・・・

結局この日は新曲はナ~シYO!!

セットリストも変化球ナシでしたし。
最前のモッシュピットの湯気具合が半端なかったですね。
スゲー立ち上ってました。

正直、この日のライブはオレがライブの気分じゃなかったですね。
最後までいませんでしたから。
次のDAもオレの知っているDAじゃなかったし、次の日も早かったから早退させていただきました。

完全に雨に持っていかれましたね。


完敗


リベンジは8月のROCK IN JAPANで。


あとbridgeの最新刊面白いですよ。
TOSHI-LOWさんとマキシマムザ亮君くんとロッキンプロデューサー渋谷陽一とのインタビュー。
かなり破天荒な対談でした(笑)
あとダイブ・モッシュを禁止しているROCK IN JAPANに対してのTOSHI-LOWさんの意見とか載っていたり。
亮君くんの脳内が少し見えたり。
是非!!     ryoxtoshi.jpg
ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2008/07/01(火) 22:34)


copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。