[PR] ダイエット ベイスターズの黒星はもういらない 2007年09月

   ベイスターズの黒星はもういらない                  Since 2005.04.15
輝ける一番星目指して!横浜ベイスターズファンの管理人が夢を見ています。
そして、いきなり喜びや不満などをぶちまけます。 B My Bay Bay (注:やたら管理人が変態的である)
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
数えています

プロフィール

FC2ブログへようこそ!


名前:たけ(アホ)
1977年生まれ
神奈川在住
音楽をこよなく愛していたが
ひょんな事から野球に目覚める
好きな言葉:内野指定席
一言:横浜にあの活気をもう一度!!

当ブログはリンクフリーです。

予定表

4月17日
対阪神@横浜スタジアム
1対5


4月23日
対広島@横浜スタジアム
0対2


5月4日
対中日@横浜スタジアム
2対4


5月14日
対巨人@横浜スアジアム
5対9


5月25日
対楽天@横浜スタジアム
6対5


6月8日
対ロッテ@横浜スタジアム
4対3


6月19日
対西武@横浜スタジアム
6対5


7月3日
対広島@横浜スタジアム
1対8


7月9日
対巨人@東京ドーム
0対2


7月17日
対中日@横浜スタジアム
0対12


7月20日
対巨人@横浜スタジアム


8月6日
対ヤクルト@平塚球場


8月9日
対中日@横浜スタジアム


8月23日
対中日@ナゴヤドーム


8月27日
対阪神@横浜スタジアム


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


↓↓たけのベイ観戦予定&お知らせ板↓↓


↓↓ただいま故障中しばらくお待ちください↓↓

↑↑見過ぎに注意!!あなたもこうなりますよ↑↑


 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)


 ライブのお誘いの巻
受付は終了いたしました。
たくさんのメールありがとうございました。

一緒に行くはずの人とポカスカジャンになっちゃったので・・・

10月10日(水)の
SCAFULL KING
@SHIBUYA AX

のチケットが2枚余りました!!

ココを読んでくれている方々にお譲りしたいと思いますので、ご希望の方は
take_nxmxbxt@yahoo.co.jpまで

メールください。
希望枚数とこのブログに対するご意見・ご感想・あなたの上司または先生の嫌いなところ。(例:加齢臭を消すために何かを付けているんだけれど、それが加齢臭と混ざって更に悪臭になっているところ)
またスキャフルのライブにどれだけ行きたいかなどいただけたら幸いです。
選考基準にさせていただきます。

整理番号は信じられないかもしれないけどオレを信じてください。

グリコ的なおまけも付けちゃおうかな?なんて思っています。
以前キューピーマヨネーズのCMで使われていた曲(ライブver.)なんかあったり・・・(チケットは郵送、おまけは会場手渡し予定です)

締め切りは9月30日(日)24:00までとさせていただきます。

お譲りする方にはこちらから10月1日(月)にお譲りメールをさせていただきます。

さぁ考える暇はないぞ!レッツ・クリック、クリック!!




ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします

スポンサーサイト

音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/30(日) 23:59)


 SKAVILLE JAPAN '07の巻
SKAVILLE JAPAN '07
2007.09.22
@日比谷野外大音楽堂

SHOULDER HOPPER
COOL WISE MEN
Oi-SKALL MATES
RUDE BONES
9 miles
KEMURI
U CAN'T SAY NO


相変わらず、のんべぇがたくさん出てくるイベントです
物販に気を取られながらもオレも酎ハイを1杯。
1人で行ったのでそんなに酒もすすむことなくオレはリタイア。

ステージを見るとシムさんのベースが置いてある。

そう1バンド目。
Oi-SKALL MATESの登場!!
会場も予想の展開に
蜂の巣を突付いたかのような騒ぎですよ。
物販の列に並んでいた人も大騒ぎ。
相当悩んだんじゃないですか?
ステージに行くべきか並び続けるべきか。

メンバーはハンモックにベレー帽姿で登場。
そして、ワタルさんは燕尾服に指揮棒をもってステージイン。

演奏会の始まりです。
インストの曲から始まり、ワタルさんは心地よさそうに指揮棒を振る。
そして、曲終わりにマイクを持つ。
そして、「HEY HO!!」のコール&レスポンスを連呼。

そう、そこからいきなりサブ北島の名曲「与作」を披露。
「与作はキィ~を切る、HEY HEY HOO!!」ですよ。
予想外の曲に度肝を抜かれました。
しかも、相変わらずのクオリティーでカヴァーしてくる。
ここがオイスカの魅力。

細川たかしの「北酒場」を1フレーズやったところでいつものオイスカに戻りました。

王道の選曲で約20分(短っ)
「エーッ」と不満の声もあがりましたけど、最初から最後までらしさが見えたステージでした。
そういえばギターのケンさんがいませんでしたね。

ユーキャン
9マイルズ

と見て

新生RUDE BONESの登場!!
ホーン隊が新しく生まれ変わりました。

そして、ルードといえばスーツ。
全身黒尽くめでの登場。
渋いぜ大川さん、ブログのノリとは大違い。
今回のセットリストは曲数少ないですがこれまた王道チューン全開。

Drasticから始まりRain,Always Praying For You,Something Originalといった全開バリバリ。
初心に戻るという意味も込めてでしょうね。
会場が大騒ぎ。
これぞ夏のスカイベントって雰囲気。

この辺で会場の人々はグデングデンですよ。
オレは後ろの方で見てたんですが、みんな階段につまづくことつまづくこと(笑)
同じ人が何回も同じところでつまづくし。
酔いつぶれて退場する人も。
SKAVILLE恐るべし。

ルードの興奮冷めやらぬまま
オレがこの日、1番楽しみにしていたSHOULDER HOPPERの登場です。

このバンド男ばかり7人もいるとやぱり迫力が違います。
ホーンも4人いるしね。
いきなりI Can Get Any Tresureから始まる。
分かる人にはたまらない曲ですよ。

新旧織り交ぜながらのステージ。
トロンボーンにはSCAFULL KINGのアキラさんがいます。
最後の曲の前にシャツを脱ぎ捨てると下に富士ロックで売られたスキャフルのTシャツを着ているじゃないですか!!
それを見ただけで感無量。
娘の成人式を迎えた父の気分。

このあと、「もしやスキャフル出ちゃうの?」と思わなかったといったら嘘になりますよ。
そりゃ汚れた人間だもん。
出るわけないと笑顔で言いつつも、期待しちゃうよね。
結局出なかったんですけどね。

ルード、ショルダーホッパー、オイスカ、ケムリときたら出て欲しかったよね。
これでスキャフルが出たら伝説完成だったんだけどね。
そう簡単に伝説は作らせてくれなかった。

COOL WISE MENが終わり
いよいよKEMURIの登場ですよ。

この日のTシャツ率はケムリが一番でしたね。
これでもかっていうほどPMAの文字を拝ませてもらいました。
みんなNOと言える日本人にならなきゃ(笑)

そんなオレもポジティブシンキング。

PMAって今、封印しているんですかね?
最近見るライブで一回もやってないんでどうなんだろうと。
そして、フミオさんのロッカーとは思えないほどの低姿勢ぶり、勉強になります。
色々な人に感謝を述べる姿勢は見習いたいです。

久しぶりに「あと1年」を聞けたので大満足ウヒャヒャヒャヒャ
最初のくだりでフミオさんと客席が一体になった瞬間は鳥肌ブツブツブツブツコケー

最後の方で客席から客がステージに勝手に上がる行為はどうかと思いましたけど。
小さな箱ならまだしも、3000人クラスでやるのはどうかと。。。
酒に飲まれすぎムキー

この日、THE 日本のSKAを見た気がします。
酒に飲まれない程度に2年に1回はこのイベントに行きたいね。
07071311.jpg



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/24(月) 21:54)


 V.A. / GOOD GIRLS DON'T! NEOの巻
小さい頃にコーラを飲むと骨が溶けると親に言われませんでした?

こんばんわ、タケです。

本当にあのシュワシュワ感が溶けそうで怖かった。
今では脳まで溶けちゃって・・・


最近、有名なバンドがスッポーン、スッポーンと音源をリリースしているわけですが、こんないかしたコンピはいかがでしょうか?

869.jpg
V.A. / GOOD GIRLS DON'T! NEO
2007.09.05 ¥1995

@TOWERにて購入


1 別冊マーガレット / Scofitz (熊本)
2 Powerless Me / Berry Roll (名古屋)
3 Br / Micro Mach Machine
4 Film / Totos
5 Last Knight Samurai / ナポリタンズ
6 Stand At The Rooftop / Broken Doll
7 Crayon / The Monmons(宇都宮)
8 Flower And The Crown / Weezie And Moelies
9 Raise A Fist / Not Loose(名古屋)
10 ボクらのセカイ / 尾苗愛(富山)
11 Burning Tiger, Screaming Me / Hazel Nuts Chocolate
12 Down You Know I Love You So. / The Margarettes(札幌)
13 C・A・N・D・Y / Stinky Rat(山形)
14 Super Summer Vacation / 14.Clan Key(広島)
15 チェリーパイ / パジー インプス(神戸)
16 Let's Go Surfin'/ CAPRiS(福井)
17 Tiny Filled Hope / Teeny Frahoop
18 Teen's Pop / The Cistems(宇都宮)
19 坂道 / Hikarunagisa

試聴はコチラ

ジャケット、タイトルから想像できると思いますが、ガールズボーカルをフューチャーしたコンピレーションアルバムを紹介したいと思います。

K.O.G.A. Recordsの主宰コガ氏がセレクトした19バンドがほぼ全バンド新録で参加しています。
KOGA RecordsといえばPOPの代名詞ですよね。
POPといえばコガ、コガといえばPOPといったポップンなレーベルからの発売となればポップンポップンせずにはいられません。

POPといっても色んなアプローチの仕方がありますが、このアルバムでは色々な角度から見たポップンが見れます。
PUNKヨロシクからネオアコ、ギターポップ、打ち込みジャンルはそれぞれ。

それぞれのバンドから共通する言葉をあげるのならば

So Cute

野太い声でoi oi言っている曲なんか聞いている場合じゃないですよ。

まだまだ無名なバンドばかりですがなかなかのクオリティーを持っています。
オレのオススメは#18のTHE CiSTEMSこれね。
これぞガールズポップってベタな感じがひと回りして今新しい。

アンジェラ・アキの次は彼女らだ!!

オススメ度:
ガールズボーカル好きにはたまりません!!



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


お勧めCD★★★★☆ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/21(金) 21:53)


 BEAT CRUSADERS Tシャツの巻
思い出の1枚
070903_1849~0001.jpg
FRONT PRINT

070903_1850~0001.jpg
BACK PRINT

SWEET LOVE SHOWER 2007にて購入。
久しぶりにTシャツ購入。
それも自分のためではなく娘のため。
XSサイズを買ってワンピースのように着こなしています。

自分から「洋服が欲しい」と言い出しました。
さすが我が子。
ちゃんとDNAが受け継がれています。



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


バンドTシャツ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/19(水) 21:09)


 女豹占いの巻
今日、クソ忙しい時に後ろからお客さんに「長嶋の奥さん死んじゃったね」と言われ
ふと振り返りお客さんの顔を見たら鼻毛がピョロ~ンと出ているときほどへこむものはないです。

こんばんわ、タケです。

ほんとバカボンのパパクラスの鼻毛ですよ。
ピョロ~ンどころじゃないね。

ボッ!!って感じ。

良い飛び道具持ってやがるぜ!!


友達のブログで面白い診断をやっていたのでオレもやってみた。

THE 女豹診断




恋愛特集 女豹診断


やべーオレの周囲にたくさんの魅力的な女性がいたなんて・・・知らなかった(汗)

こういったものって恐ろしいですよね。
当たっている気になっちゃう。

確かに昔「いい人」と何度言われたことか。

実際は鬼のような人間なんですけどね。
この「いい人」ってほんと邪魔な単語ですよね。
いい人って言っておけばとりあえず無難だろう的な扱い。
オレはいい人と言われて喜ぶそんなおバカな人間じゃない!
でも、当時は喜んでいたかも。

今思えばいい人という言葉ほど胡散臭いものはない。
実際オレはいい人といわれたけど、毒も吐くし、「ROCKといって」ポイ捨てもする。(完全にROCKを履き違えているが)
エレベーターから降りる時に誰も乗っていなかったら全階のボタンも積極的に押す。
回転寿司のガリも必要以上に食べる。
ファミレスで接客がよくなかったら水の入ったコップを逆さまにして帰るような小悪魔的存在。

そんな小悪魔でも気付かない間に相当女豹に利用されてたんだろうな。
とりあえず、明日から女豹を見つけたら有無言わさずぶっとばす!!

女豹のあなたお気をつけください。
女豹狩りの始まりです。



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


どうでもいいこと | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/18(火) 22:22)


 SCAFULL KINGタオルの巻
思い出のグッズ
070903_1841~0001.jpg

SCAFULL KINGFUJI ROCK 2007で販売したタオルです。
アラブの王子なみにわがままを言って買って来ていただきました。
購入してきてくれたMさん、ありがとうございました。
大事に脂汗を拭いています。



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


バンドグッズ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/17(月) 21:55)


 総長登場の巻
こんばんわ、タケです。

オレがきゅうりを鼻に突っ込んでもがいている頃、音楽業界ではいろいろなニュースがありました。

数々あったニュースの中でも1番大きな出来事は


「Def Techやっぱり解散」

解散ライブも何もなく終わるほど後味が悪いのってないですよね。
解散ライブはあるけどチケットが取れなかったていうのも後味悪いけど。

全然ファンではないんですけどね。

そんなニュースより「健さん武道館に立つ」ですよね。

即行チケット取らせていただきました。(ペコリ)
やっぱり音楽人としては一度は立ってみたいステージなんですかね?
昔、年末の武道館に藤井フミヤを見に行きましたけどね。

あれ以来

あとニュースといったらあれですかね。


「スーパー銭湯事件」

先日、家族でスーパー銭湯に行ったんです。
オレは1人で男湯に入りました。

脱衣所の扉を開けて中に入ると

「いらっしゃいませぇ~」

中から若い女の人の声が聞こえてくるじゃないですか。
オレは豆を食らった鳩ですよ。
「アレ?入るところ間違えた?」
数秒動きがとまります。

でも、中を見るとおじいちゃんとか数名の男性の姿があったのでココは男湯であると認識しました。
オレはあの声はテープ?と思いながら辺りを見回しました。
すると右45度前のロッカーの陰にポニーテール姿の20歳前後の若い女の姿を目視で確認することに成功。

ターゲットは間違いなく女性です。
オネェでもオカマでもなく女性です。
オレの男の嗅覚がそういっていました。

しかし、その3m横ではおじいちゃんが全裸・・・
その横だけではありませんでした。
あちらこちらでみんなブラブラしているじゃないですか。

どのくらいのブラブラ具合かって?
阿藤快ばりのブラブラ具合ですよ。
右見りゃブラブラ、左見りゃブラブラ。

さすがご年配余裕すら感じます。
未熟者のオレはそのプレッシャーに勝つことが出来ずにそれはそれは隅の隅のロッカーを確保。

さすが、おじいちゃん相変わらずブラブラさせている。
オレはその女の子がいなくなるまでサッカーで傷んだ振りして時間稼ぎする選手のごとく探してもいないモノを探すフリをしながら時間をつぶす。

その甲斐あってその女の子がいなくなってオレは服を脱いで浴室にイン。

湯煙漂う室内には程ほどの入りだ。
その室内の奥のほうを見ると、やっぱりいる(爆)

鏡の前の備品とかを整理したりしているじゃないですか。
彼女は相当な経験値を持っているね。
ありゃ総長クラスだ。

そして、男湯に入ってくる若い人はとりあえず豆を食らいます。
面白いくらいに同じ行動になる(笑)
あれはどうなんですかね?
逆だったら確実にアウトじゃないですか。
でも、この場合ってどうなの?
男が「キャーー」なんていえないしね。

その辺、女性側の意見を訊きたいです。
仕事とはいえ男湯に入れるのか?



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


音楽 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/15(土) 23:50)


 SWEET LOVE SHOWER 2007 その3の巻
こんばんわ、タケです。

長々と続いた「オレのフェス SWEET LOVE SHOWER2007編」もいよいよ最終章。

それでは続きをどうぞ!!

マキシマムザホルモンの興奮冷めやらぬ中、セットチェンジが終わると
Ken Bandの登場!!

Ken Bandはナッシン~のツアーファイナル以来かも。
横山健という人はいつどんな時、どんなステージでも同じ空気を持って出てくる。
それは力むことなく自然な感じにこなす。
演奏はもちろん、MCもそうだ。
家の中で身内だけ集まってワイワイやっている感じ。

そのアットホームさが健さんの持ち味だとオレは思っている。
別に歌唱力があるとも思わない。
楽曲センスはオレのストライクゾーンど真ん中に近いが。
みんな彼の音楽はもちろんのこと人柄に惚れてライブに来ているのだろう。

40歳に近い年齢なのに無邪気な笑顔で演奏する姿は同性から見ても魅力的で憧れてしまう。
あんな風に歳を取れたらと・・・

気になるパフォーマンスの方もあいにくの霧雨という環境だったが、フェスティバルという限られた時間のライブのわりにセットリストはゴリゴリのバッキバッキだった。

セットリスト
M-1 Pressure
M-2 Jealous
M-3 Not Fooling Anyone
M-4 Summer Of '99
M-5 Ten Years From Now
M-6 Why
M-7 Running On The Winding Road
M-8 How Many More Times,
M-9 Walk
M-10 Believer


ねっゴリゴリのバッキバッキでしょ?
久しぶりのSummer of '99にクラッときて。
Ten Years~にノックダウン寸前。

他のバンドのアクト入れてこの日一番のビックパンチは
本邦初公開だという

HUSKING BEEの「WALK」のカヴァー


健さんのMCで「以前、オムニバスに参加して・・」という言葉が出たのでてっきりPizzaのオムニバスを連想したら、
「このバンドは色々なフェスに出てたことでしょう」なんて言っていたら
あのギターで始まるイントロが流れたじゃないですか。

オレを夏フェスで泣かせる気か??

このイントロが聞こえてくると条件反射で涙が出そうになる。
あのハスキン解散ライブで号泣した時の事が走馬灯のように甦ってくる。
しかも、ハスキンの師匠が演奏するんじゃ・・・

G・馬場 vs 三沢光晴 が試合するようなもの。

反則だよ。
しかも、曲終わりで健さん親指立てながら
「バンドは死んでも、曲は死なず!!」なんてスゲーいい台詞を吐くもんだから、一粒の涙がポロリと山中湖の大地に落ちちゃったじゃん。
周りの人にはヨダレと言い張っておきましたから、OK。

オレの周りではマキシマムが良かったという声が多々聴こえました。
たしかにあのパフォーマンスは良かったけど、健さんのこの1曲で全て持っていかれました。

師匠ありがとう

ではその映像を


KEN YOKOYAMA / WALK


さぁオレのフェスは8割方ここで終わった感がありました。
ここからは和みモード。
気温も下がってきたので車まで上着をとりに行くことに。
このとき、すでに車の温度計は16℃を指していた。
これが夏フェスの気温か!?
Mっ気も持ち合わせているオレはこの逆境にテンションが上がる。

チャットモンチーの音を聴きながら着替えタイム。
シングル曲のオンパレードでしたね。
オレみたいな初見の人には非常に優しい。

ロックは優しい。

ボーカルの橋本さんですか?
いやー萌えちゃいますよねぇ。
ナイスボイス。

去年のロッキンでYUIを見たときもそうでした。
ミーハーちゃんなオレはとりあえずはまる傾向にあるみたいです。
振り返ってみて朝からビークル、9mm、バースデイ、ユアソン、マキシマム、健さんとコッテリにも程がある(怒)
このギャップにやられちゃいます。
たぶんロリータあたりが出てきても萌えていたと思います。

後日、この日一番気になった「飛び魚のバタフライ」をレンタルしたのはいうまでもない。

気を抜いたらワンマンとか行きかねない勢いです。

なんとか正気を取り戻して、ACIDMANとハナレグミの時にはお食事タイム。
梅おばあさんの店というのがあって実際に店頭におばあさん(たぶん梅という名ではない)が豚しゃぶ風梅茶漬けを作っていて冷えた体には最適だということで並んで買った。
一口かきこんでみた瞬間、梅ばばぁ(敢えてこう呼ばせてもらいます)に殺意を抱いた。

ぬるい!!ヌルイ!! ぬりぃぃぃよ婆ちゃん!!

あんな温度の茶漬けなんて茶漬けとして認定しねぇ!!
猫も「ニャー」って驚きだよ!!!

よっぽど梅ババァに引っ掛けてやろうかと思ったけど、そこはフェス。
ピースフルに行きたいので、そのリベンジを豚トロ串にと期待を込めて食べたら。。。
豚トロ串は期待を裏切らなかったね。
ヤツはチャンプだよ。
梅茶漬け?何それって感じです。


なんとかこのフェスがトラウマにならずに済んで最後のバンド、「ウルフルズ」を見に行くことに。

雰囲気もこんな風にいい感じです。

070902_1832~0001.jpg



このバンドも裏切らないよ。
特にトータス松本。
彼は最高峰のパフォーマーだと思います。
何度か見たけど、その都度楽しませてくれる。

今年は?
と期待してみると。
前半はギターを常備していたせいか、トータスの魅力半減。

しかし、後半ギターという封印を解いた時のパワーたるや半端ねぇ。
しっかり、トータスのでん部にはハート型に開いた穴が(LOVE)
最近の曲とウルフルズといえばという名曲を惜しげなく披露してくれる。
ウルフルズはトータスばかりに目が行ってしまうが、他のメンバーのテクニックもさすがの一言。
この辺がライブハウスあがりのバンドだと思う。
ボロがでない。

この日、改めてウルフルズの曲と向き合ってみると歌詞がいいよね。
リアリティー溢れている歌詞が胸に響いてくる。
帰ってから「泣けてくる」をダウンロードしたのは言うまでもない。

そして、ラストの「ガッツだぜ!!」で花火がドーン。


このフェストータルですごい楽しかったです。
会場も狭くステージ間の移動も苦ではなかったです。
人も1万人というせいもあったでしょう、何をするのにもそんなにストレス無く過ごせたと思います。
負の面もないわけではないですが、楽しかったです。
これなら来年もメンツ次第で行きたいなと思えるフェスですね。
ロッキンは最近巨大化しすぎて正直疲れる。

来年のチケット争奪率は確実に上がったな。



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2007/09/10(月) 22:58)


 SWEET LOVE SHOWER 2007 その2の巻
チャ、チャットモンチーがMステに・・・ポッ

こんばんわ、タケです。

クラスで3番目に可愛い女の子って感じで手の届きそうな庶民派なところが
モユス

それではSWEET LOVE SHOWERの続き

9mmを見たあとはチバちゃんを見に隣のステージまで。

The Birthdayを一目見ようと!

そして、一目見て退散。
やっぱりチバちゃんはミッシェルじゃないとね。

感性で生きろが今回のフェスのテーマ。
思うがままに腹が減ったので腹ごしらえ。
プルコギ丼を食す。
遠くにチバちゃんの声を聴きながらプルコギとはなんぞや?と問いながら食す。
フェスの食事とはこんなもんだろうと70%の満足度。
The Birthdayの音漏れを聴きながらプルコギ丼を食べるというオレにとってこの上ない「幸せ」を感じる。

音漏れを聞きながらトイレで用を足すという行為。
これも「幸せ」

そしたら、小さいステージでYOUR SONG IS GOODが音出しを始め出した。
「JxJx、JxJx」と唱えながらオレは足早にステージに向かう。

とJxJxが「YOUR SONG IS GOOD、この後すぐ!!」

あちゃー忘れてた。
ユアソンの演奏前っていつもこんな感じだったね。
音合わせしたら引っ込んじゃいました。
このテンションの行き場はどこへ・・・

そんなに間もなくSEが掛かると曇天模様の中で相変わらずのトロピカルな格好でメンバーが登場。
JxJxがはしゃぎだす。
それにつれて客席もヒートアップ。
ここが富士の麓というのを忘れてしまうほどのカリビアンな音を出してくる。
そうここは1番天国に近いカリブ。(なんのこっちゃ)

最近の音源聴いてないので良く分からないけど、その音はユアソン節全開のカリプソな音ビシバシだ。

絶対時間をおすなという指令が出ているらしくJxJxのMCも短め。
その分、緩めることなく畳み掛けてくる。
SAKEROCKの人がゲストで出てきて「インストバンドなめんなよっ!」と一喝!
インストバンドほど突っ立って見てつまらないものはない。
やっぱりインストバンドは踊らなきゃ。
踊り狂ってナンボのもんでしょ。

踊り狂いすぎていた人もいましたけどね(笑)
完全に失笑ものですよ。


セットリスト
M-1 ウィッス! ウィッス! ウィッス!
M-2 熱帯Boy
M-3 あいつによろしく
M-4 ブガルー超特急
M-5 SUPER SOUL MEETIN'
M-6 The Outro


それでユアソンが終わる前からお客さんが隣のステージにこぞって大移動ですよ。
完全にユアソンそっちのけ。
JxJxオルガン必死に担いでいるのに完全シカト。

まぁ分からなくもないですけどね。

みんなのお目当ては隣のステージで行われる「マキシマムザホルモン」のアクト。

今1番脂がのっている背脂チャッチャ系バンド。
この日、一番の客入りでしたね。
超満員。

あのSEが鳴り響くと会場が揺れる。
一発目に「ロック番狂わせ」ですよ。
ライブハウスとかではよく床が揺れたりするけど、野外の地面が揺れたのは初めての経験。
めっちゃ揺れていたからね。

ハードコアだけど、ハードコアすぎないのが受ける理由だろうね。
ヤングなガールにも大うけ。
そんなヤングガールが漫画太郎のなんとも表現しづらい絵柄のシャツを粋に着こなしているから、ちょいウケ。

「途中途中で織り交ぜられたPOPさが色んな客層に受けているんだろう」なんて商売人らしく冷静に分析をしながらも激しく「ヘッドバンキング」
横を見るとさらに激しく娘が見よう見まねでヘッドバンキング
完敗

今年数々の夏フェスに参加してきたホルモンもこの日が最後の夏フェスということでいつもよりも激しくやったかは本人のみぞ知るところ。
まぁホルモンのライブはいつも全力投球と有名ですが。

最前列ではモッシュ&ヘッドバンキングで大暴れしているのに後ろの方では寝転がっている人もいるこれがフェス(最高

若干、野外だと低音が物足りないのかなと思いました。
特にベース。
空にスコーンと抜けて行っちゃってた。
まぁその分、近隣の住宅に行っているんでしょうけど。
じいちゃん、ばあちゃんの心拍数もいい感じにスコーンですよ。
いきなりナヲ姉がMCで叫ぶと山でこだましてたからね(笑)

マキシマムザホルモンを初めて見たうちの奥さんもすっかりはまり「麺カタ、こってり、ヤッター」を今でも1人連呼しています。
オレの推測では亮君のあの逝っちゃっている目が好きなんでしょうね。


セットリスト
M-1 ロック番狂わせ
M-2 恐喝~kyokatsu~
M-3 絶望ビリー
M-4 ぶっ生き返す!!
M-5 糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
M-6 ポリスマンベンツ
M-7 恋のメガラバ

もう少し古い曲も聴きたかったな。
まっ「ぶっ生き返す」の楽曲も聴きたかったからいいですけどね。
かっこよし(○'ω'○)



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします


ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/07(金) 22:32)


 SWEET LOVE SHOWER 2007 その1の巻
今一番気になるのはチャットモンチーです。

こんばんわ、タケです。

みんなの夏が終わる頃にオレの夏はやってきました。

行ってきました。

SPACE SHOWER TV presents
SWEET LOVE SHOWER 2007
@山中湖


SWEET LOVE・・・なんて2000年以来ですよ。
あの時はスキャフル見たさに野音まで行ったものです。

それが今回から日比谷野音を飛び出して山中湖での開催。
富士山を背にしてのフェスなんて今のFUJI ROCK以上にFUJI ROCKしてんじゃねぇかということでロケーションにも期待をしていったものの

070902_1440~0001.jpg

ファッキン曇天模様

本当だったらこの写真の背景にドーンッと溢れんばかりにエムティーフジが見えるはずだったんですよドーンッとね。
それが本当にそこにあるのかさえ疑ってしまうほど見えやしねぇ。

一緒に行ったY氏なんてホットドック食べて、それからすぐに佐世保バーガー(大きなハンバーガー)を食べるほどのヤケ食いっぷり。
相当、富士山が見たかったらしい。
いや、ただ単にホットドッグを食べたらその先にもっと美味そうな佐世保バーが食べずにはいられなかったらしい。
絵に描いたような先走りっぷりに感動を覚える。
その食べっぷりたるや、フードファイターが降臨していた。


一方オレはライブが始まるまで時間があったので

070902_1119~0001.jpg

熱気球に乗ることに

こんなの乗れちゃうなんて激熱でしょ?

070902_1123~0001001.jpg

完全におのぼりさん状態の筆者

高さにしたら20mくらいだし、はたから見ていても「なんだよ、あんな程度の高さかよ、だったら乗らなくていいや」なんて言っていたら娘から猛烈なラブコールが・・・
しょうがなく乗ることに。

そして、搭乗。
いざ大空へ!!

フワ~

その浮遊感といったら、後楽園のパラシュートなんて比じゃない。
20mなめてたね。
強いお酒を5,6杯飲んだ時と同じ感覚が。
ふわふわふわふわ。

半端なく気持ち悪い。

まぁ慣れれば気持ち良いものですよ。

070902_1124~0001.jpg

完全に一万人を見下してやりましたよ。


あんなカゴだけで上空何百メートルなんてありえないし。

そんな時間の過ごし方もフェスならではだよね。
他にもカヌーがあったりとTHE 山中湖を満喫。

そして、昼ごろからライブがスタート。
070902_1705~0001.jpg
メインステージもいい感じに傾斜がついていて後ろでも見やすいステージ。
しつこいようだけど、本当だったらこの後ろにエムティーフジが。。。

この日は2ステージ制で進行され
オープニングアクトについで
本編一発目に登場は

BEAT CRUSADERS
山中湖の爽やかな空気が一気にピンク
あのオ○ンコールが野外だといつも以上に卑猥になる。
たぶん、近隣の家の人はいきなりの放送禁使用語に驚かずにはいられないだろうね。

もう、ビークルのステージは最近は安心して見られるね。
欲を言えばそれだけに物足りない。
驚きも少なくなってきたというのが本音。
MCも特に変わり映えしないし。

若干の飽きがありながらもHIT IN THE USAなんかはいい感じに盛り上がれる。
DAY AFTER DAYなんかも盛り上がった。
ISOLATIONSも好きだ。
なんだかんだ言って結局ビークルは好きだ。
でも、この日1番盛り上がっていたのはオレでもなく妻でもなくY氏でもなく娘です。
踊り狂っていました。
ビークルで盛り上がれる5歳児って・・・今から期待大です。
この日、マキシマムの亮君からのリクエストで希望の轍が演奏されました。

セットリスト
M-1 TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT
M-2 ISOLATIONS
M-3 HIT IN THE USA
M-4 DAY AFTER DAY
M-5 GHOST
M-6 希望の轍
M-7 LET'S ESCAPE TOGETHER
M-8 CUM ON FEEL THE NOIZE


次の9mm parabellum bulletを見に隣のステージに移動しようとしていたらビークルの熱狂的ファンになった人間が1人。

娘です。

Tシャツが欲しいと言い出した。
娘が着れるサイズの在庫はあったので9mmを見ながら物販の列を並ぶことに。
この物販の列で人気が分かりますよね。

この日のトップ3は
・Ken Yokoyama 列がうにょうにょしてた。
・BEAT CRUSADERS 夕方まで列が途切れなかった。
・マキシマムザホルモン 列がこってりしていた。

健さんの物販なんてこんな張り紙が
「店主、疲労のためいつもより遅くやっております。」(爆)


結局、9mmは物販に並びながら最後まで見ました。
相変わらずエネルギッシュ且つサイケデリックなステージで面白いです。なんて言ったら怒られるかな?
曲は大好きですよ。
CD持ってますし。
今年は色んなイベントに引っ張りだこのようで期待しています。

セットリスト
M-1 Mr.Suicide
M-2 Heat-Island
M-3 The World
M-4 marvelous
M-5 Talking Machine


娘のTシャツ&タオルも無事に手に入り早速装着。
ビークルファンの出来上がり。
娘に誰が好きかと訊いたところによると、「カトウタロウ」が好きだとの事です。

親として今からその趣味だと将来が不安です。


続く。



ランキング参加中

ワンクリックで応援お願いします



ライブ | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/09/04(火) 22:54)


copyright © 2005 ベイスターズの黒星はもういらない all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。